共働きFP夫婦の妊娠・出産・子育てプラン


ファイナンシャルプランナー夫婦が実践&解説!!楽しく計画的で、ちょっとおトクなマタニティライフ♪
2017/02  January February March April May June July August September October November December
12345678910111213141516171819202122232425262728
←2017/01   2017/03→
プロフィール

Author:ユミぱん

一応、ファイナンシャルプランナーですが、私は3級なので難しいことは分かりません(笑) 社会保険制度とか難しいことは、1級ファイナンシャルプランナーの旦那クンに教わりながら、計画的に妊婦生活を楽しもうと思っています!
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

clap

theme : -

20140518
***2014年3月25日***

前回の横浜市東部病院での初診から約2週間、2回目の妊婦健診です

早速、待ちに待ったエコー
11w0エコー
ベビちゃん大きさ(座高)5cm

かなりわかりづらいですが、左側を向いていて、上が頭です
前に腕を伸ばし、片足を蹴りだしている瞬間です

最初は動きませんでしたが、エコーで刺激されて気づいたのか(?)、
急に動き出して、手をバタバタ、足を交互に曲げ伸ばして足踏みを始めました

チョー元気

先生にも「わぁ~元気に動いてるね~」と褒められました
前回受けた検査(血液検査、尿検査)について、異常なしということでした

最後に、気になっていた出生前診断について、相談してみました。
横浜市東部病院には、15Wから検査可能なクアトロテストと羊水検査があるらしいです。

【クアトロテスト】
妊婦の血液中にある胎児や胎盤から出てくる成分を調べて、
ダウン症、18トリソミー、開放性神経管奇形である確率を算出するスクリーニング検査です。
妊婦の年齢が高くなるほど、確率が高くなります。

メリットは、妊婦の採血だけで済むため、流産等のリスクはありません。
デメリットは、あくまで、「1/300の確率で異常がある」というような確率がわかるだけなので、お腹の子に本当に異常があるかどうかはわかりません。

【羊水検査】
妊婦のお腹から針を刺し、子宮の中にある羊水を採取して、羊水中の胎児細胞をもとに、胎児に異常があるかどうか調べる検査です。

メリットは、クアトロテストとは違い確定診断であることです。
デメリットは、子宮に針を刺すため、流産等の確率が1/300(0.3%)程度あることです。


一般的にどちらの検査も、高齢出産と言われる35歳以上の方や、
身内に先天性異常の方がいる場合などが、勧められるられる検査だそうです。

私の年齢は30歳、身内に先天性異常の方もいないので、いきなりリスクがある羊水検査は考えにくいので、とりあえず、流産リスクのないクワトロ検査を受けてみるという方向で検討してみることにしました。

あくまで確率しかわからない検査なので、
微妙な確率が出てしまったら
不安を抱いてしまうだけにならないか

とりあえず、いったん家に持ち帰って、家族とよく話し合って、検査を希望するなら、次回の検診時(4月14日/13W6D)に検査予約をするということになりました。

~本日かかった費用~
基本診療・超音波検査/合計7,000円
6,000円の補助券利用で、差額1,000円の支払いでした


よろしければクリックお願いします



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ



スポンサーサイト

clap

theme : 妊娠、出産 -

Comment
Write Comment
secret?
スポンサーリンク

copyright © 2014 Powered By FC2 allrights reserved

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。